長戸大幸
長戸大幸は、音楽プロデューサー・企業経営者で、大手音楽会社ビーインググループの創業者で取締役。芸能プロモーター、ギタリスト・ドラマー・キーボーディスト、エフエム滋賀取締役。
長戸大幸
私は世界最高のプロデューサーは長戸大幸さんだと思うんですよ。彼は曲を知っている。1万曲知っていますよ。
長戸大幸
音楽制作から売り出し方まで全て長戸大幸率いるビーイングが手がけている。
長戸大幸
90年代の前半から中盤を代表する“ビーイング系”と呼ばれるヒット曲を連発したらつ腕プロデューサー、長戸大幸氏がソロデビューを目指していた池森をテスト。これがハマってバンドでのデビューが決まった。
長戸大幸
1988年5月、ボーカリストを探していた松本は、ビーイングの社長で音楽プロデューサーでもあった長戸大幸から1本のデモテープを渡されます。
長戸大幸
長戸大幸プロデュースによるZARD(坂井泉水)の楽曲を詳しく解説。
長戸大幸
長戸大幸プロデューサーについて色々と記述されているブログです。
長戸大幸
ZARDのヴォーカル坂井泉水さんは90年夏、音楽制作会社ビーイングでのオーディションでプロデューサー、長戸大幸氏と出会いました。長戸氏は坂井さんのまっすぐな歌声に才能を見出し、彼女を中心にZARDが結成されました。
長戸大幸
1967年2月6日生まれ。福岡県久留米市出身。本名は蒲池幸子。短大卒業後、会社員として働いていましたが、スカウトされてモデルとしての活動を始めます。小さな頃からピアノを習うなど音楽好きであったこと、そして、詞を書くことが好きであったことから、所属事務所からオーディションを 受けることを進められます。そして、ビーイング創設者の長戸大幸に才能を認められ、歌手としてデビューすることになります。
長戸大幸
90年代半ば、歌謡界には「ヒットの3要素」として「KDD」と言われたことがあった。ヒットは「カラオケ」「ドラマ」(テレビドラマの主題歌)、そして「(長戸)大幸」から生まれるという意味でつけられた造語だ。
長戸大幸
真剣にシンガーになりたい!と思い始めた頃、Beingの設立者である長戸大幸さん(両親が親しかった)にお会いしたんですが、当時まだ中学生だったので「高校生になったらデビューを考えようよ。それまで、今は英語やもっといろんな勉強をたくさんしてデモテープもたくさん作っておくといいよ。」というアドバイスを受け、高校生になると今のレコード会社GIZA Studioのスタッフの方を紹介してもらったんです。
長戸大幸
ZARDと二人三脚でその世界を作り上げたのが、プロデューサーの長戸大幸氏だということは、あまり多くの方には知られていないかもしれません。
長戸大幸
Beingのアーティストは、概して礼儀正しいと聞くが、これはBeingの創業者であり、その所属の多くのアーティストをプロデュースし世に送り出してきた“長戸大幸”プロデューサーの方針によるものが大きい
長戸大幸
「おどるポンポコリン」は、音楽制作会社ビーインググループの創業者であり、日本の音楽界にプロデューサー業という概念をもたらした“長戸大幸プロデューサー”率いるビーイングの精鋭が多数集まった“B.B.クィーンズ”というグループによる作品であり、ビーイングはここからさらに音楽業界にその名を轟かせていく。
長戸大幸
かつてビーインググループに所属し、自身の代表曲の多くをその時期に生み出し、今でも多くの根強いファンをもつ大黒摩季。
長戸大幸
90年代のプロデューサー、色々な人が居た中で、最も大きな功績を残し、今なお活躍中のプロデューサーと言えば、やはり長戸大幸氏がピカイチだろう。
長戸大幸
B'z(松本孝弘・稲葉浩志)と長戸大幸(音楽プロデューサー)に関しての記事です。
長戸大幸
B'z(ビーズ)というネーミングは、当時、TM NETWORK、 Fence Of Defence(=FOD)と 記号的なネーミングのバンドが台頭していたのを踏まえ、当所は、A'z(= A to Z)で アズというネイミングだった。 
長戸大幸
バブル経済が崩壊した後も、日本ではCDが売れ続けた時期が10年位続いた。その音楽には誰もが聴いて良いなと思える共通の概念があった。
長戸大幸
長戸大幸氏は作曲家・編曲家として第一線で活躍し、その後プロデューサーとして、B’z、TUBE、BOOWY、LOUDNESS、B.B.クィーンズ、Mi-Ke、ZARD、T-BOLAN、WANDS、大黒摩季、DEEN、FIELD OF VIEW、小松未歩、倉木麻衣、GARNET CROW、愛内里菜など、数多くのアーティストをプロデュースし、デビューさせている。
長戸大幸
TM NETWORKのサポートメンバーだった松本さんが、バンドを結成しようとボーカリストを探していた時に(ビーイング創設者の)長戸大幸氏のもとにあった稲葉さんのデモ・テープを聞き衝撃を受け、稲葉さんとセッションをやることに。
長戸大幸
日本のプロデューサーでは希有な存在の長戸大幸氏が1978年に立ち上げた会社。元々は、レコード会社の機能であるディストリビューターを持たず、いや、レーベルすらも88年まではなくて、レコード等の原盤を作っている会社だった。
長戸大幸
日本の音楽プロデューサー長戸大幸さんの、プロデューサー論についてご紹介しております。
長戸大幸
三枝夕夏IN dbは、最初は三枝夕夏さん(Vo.)のソロ・プロジェクトとして2002年6月12日に1st Sg「Whenever I think of you」でデビューしました。
長戸大幸
the★tambourinesは、スウェディッシュサウンド(90年代半ばにスウェーデンのトーレ・ヨハンソンがプロデュースしたThe Cardigansが元祖)に傾倒したサウンド作りをしました。
長戸大幸
長戸大幸プロデューサーと、アーティストFIELD OF VIEWを紹介するブログです。
長戸大幸
T-BOLANは第二回BAD AUDITION(1987年)で認められてビーイングで活動を開始してから、シングル「悲しみが痛いよ」でメジャー・デビューするまでに3年半以上かかった
長戸大幸
90年秋、長戸大幸プロデューサーの下、ZARD(坂井泉水)プロジェクトが発足。ヴォーカル坂井泉水さんの当時の作風について取り上げたブログです。
長戸大幸
Beingグループのアーティストは、ほとんど全て長戸大幸プロデューサーが命名しているのだそうだ。
長戸大幸
91年にシングル「思い出の九十九里浜」でデビューしたMi-Ke。日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞、盛んに活動していた93年秋までの2年半の間に11枚のシングルと7枚のオリジナル・アルバムをリリースしています。
長戸大幸
小松未歩さんは1997年5月28日に1st Sg「謎」でデビューしました。その年の12月に発売された「謎」を含む1st AL『謎』は50万枚を売り上げ、早くも存在感のあるアーティストとして始動していきました。
長戸大幸
長戸大幸氏は、アーティストという表舞台よりも、プロデューサーや作曲家等、どちらかというと裏方的な、端的に言うとクリエイティブな存在志向が強くなっていた。
長戸大幸
音楽プロデューサー長戸大幸氏の歴史をまとめたつぶやきです。
長戸大幸
音楽プロデューサー長戸大幸氏の歴史をまとめたつぶやきです。
長戸大幸
大衆音楽が盛況になると、必ず脚光を浴びるのが音楽プロデューサーだ。90年代は歴史的にみてもかつてない盛り上がりをみせ、ビーイング率いる長戸大幸氏を筆頭に、他には自らアーティストもやっていた小室哲哉氏や小林武史氏、つんく氏等が活躍していた。
長戸大幸
長戸大幸氏は、80年代のBOOWY(氷室京介、布袋寅泰が所属)、浜田麻里、TUBE、B’z(デビューは88年)、90年代のB.B.クィーンズ、ZARD、T-BOLAN、WANDS、大黒摩季、DEEN、FIELD OF VIEW、小松未歩、2000年代に入っても倉木麻衣、愛内里菜、GARNET CROW等、数多くのアーティストを発掘し、育て、デビューさせ、ミリオン級のスターにしていった。
長戸大幸
長戸大幸プロデュースによると上木彩矢。
長戸大幸
長戸大幸プロデューサーに焦点をあてるだけで、本当の「プロ」の音楽というものが浮き彫りになってくるのだ。




このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています